『できない』から『できる』へ。パラダイムシフトが起きる思考法



ネットビジネスで役立てたい・実は奥が非常に深い思考法。

こういうパターンがあるかと思いますが、

うまくいっていないときの人の毎朝は闘いです。

いつものように、ぎりぎりまで寝てます。
気分が全然乗らないが、やっと朝起きて、朝食でパンなどを食べて、
少しづつモードを上げるようにしますが、ワクワクしません。
忙しく出勤する準備をして、満員電車に乗り込み、
目覚めない頭や気持ちが乗らなくても、少しづつ強制的に気持ちを
高ぶらせて、やっと着いた会社の席で一杯のコーヒーをのみます。

その後一日を仕事をして過ごしますが、

頭の中は
「あー、今日もまたいつもと変わらない日々だ。
昨日の続きの作業に取り掛かろう。」

心の底では、やる気があまりなかったします。
適当に合わせてうまくやり過ごすように笑顔で
ごまかし、適当に、言葉を選び、やり取りします。

「本当は、自分はもっと才能があったら
社内で注目も集めるし、皆を指導して
存在感を感じたいのだけどなぁ」

「リーダーとして、みんなから必要とされて、
成績もよく、もっと居心地がよかったらなぁ」

「スピーチ能力も高ければ、どんだけ仕事が気楽なんだろう?」

セルフトーキングが続きます。

ここで気づいて欲しいことは、

このセルフトーキングは、

面白いことに、

毎日毎日、ほぼ同じような事ばかりしゃべります。
飽きずにだいたい同じことばかりくりかえします。
いつも同じ問題にぶつかります。

なんと!

毎日会社に行っても、成長がない!
繰り返しているパターンなんですね。

飽きずに繰り返す願望があります。

意外と毎日毎日、飽きずに自分で聞いています。

実は、気づいている人は少ないのですが、
ものすごい時間自分に語りかけているのです。

すごく重要なんですが、

『自分の中で発している言葉が現実を作るということです。』

『自分に一番多く語りかけている言葉が現実をつくるのです。』

先ほどの例をみると、
1・もっと才能があったらなぁ〜。
2.スピーチ能力があったらな〜。
3.リーダーシップがあったらな〜。

とすべて将来に対して『〜したい』
で自分に語りかけています。

言葉の選択のコツになりますが、

今『〜したい』と言っていたら、
未来も同じように『〜したい』
と言っています。

つまり、
今を変えなければ、3か月後も1年後も10年後も
成長がなく、同じ繰り返しの日々がまっているのです。

ですので、
『今、才能があり、スピーチ能力があり、リーダーシップがある』
ことをイメージしてください。

『さらにもう願望がすべて実現してワクワクして、
皆の前でスピーチを成功させていて、才能があるから、どんどん出世して、
大勢の人々を指導している』がリアルにイメージできなければいけません。

成功している人が、劣等感や障害を乗り越える時、
こういった手順をしっかりやっているものです。
このコツがしっかり理解できたとき、人生が加速します。
『できない』から『できる』への世界へパラダイムシフトするということです。

是非、『パラダイムシフトが起きる思考法』をやってみてください。




Yahoo!ブックマークに登録
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
アフィリエイト基本・準備編
アフィリエイト入門・実践編
アフィリエイト応用・実践編
補足
その他レビューなど
インフォメーション
相互リンクページ

管理人 ヒマラヤン